キャンドルの灯しかた

点火の方法

キャンドルの芯をまっすぐに立て、根元に点火して下さい。
芯の先端に火をつけるだけでは、芯だけが燃えて途中で火が消えてしまったり完全に点火するまで時間がかかります。
柄の長いライターやマッチを使うと点火しやすいです。
最適な芯の長さは、5〜8mmです!!

おすすめの消し方

芯をピンセットなどでつまんで融けたロウの中に倒して火を消し、すぐに起こしてください、こうすると芯がロウでコーティングされるので、煙が出ず再点火しやすくなります。

勢い良く吹き消すと、溶けたロウが飛び散ってしまうことがあるので注意してください。

キャンドルからのお願い

  • 灯火中は、キャンドルのそばを離れないで下さい。
  • 灯火中のキャンドルは、空調等の強い風が当たらないようお願い致します。
    風が当たると、不完全燃焼をおこして油煙が出たり燃焼時間も大幅に短くなるので注意してください。
  • 狭い場所で一度に多くのキャンドルを灯すことは控え、灯火中は定期的に換気をしてください。
  • キャンドルは、安定の良い不燃性のスタンド・ホルダーの上でお使いください。
  • カーテンや紙など燃えやすいものの近くや、お子様、ペットのそばには置かないでください。
  • 就寝時のキャンドルの消し忘れはご注意ください。
  • キャンドルは2〜3㎝くらいの炎の大きさを好みます、ススを出すのは「芯が長くなりました」というSOSです。
    一度消火し、はさみで芯を1㎝くらいにカットしてあげてください。
  • キャンドルの灯火時間は1回2時間以内でお願い致します。
  • アロマキャンドルは耐熱ガラスを使用していますが、ガラス自体が加熱しますので火傷にご注意ください。
  • ガラスや容器を急激に冷やすとの破損原因となりますのでご注意ください。
  • 保管するときは、高温所や直射日光のあたる場所を避けてください。
  • 溶けて形状が変わってしまったり、色が変わってしまうことがあります。
  • 食べ物ではありませんので口にしないでください。

Q&A

  • 火が小さくなったときは?
  • いったん火を消して、溶けたロウを捨てるか、芯の回りを削るなどして芯を露出させてみてください。
  • 途中で火が消えたら?
  • 芯がロウの中に埋まってしまったのが原因です。
    溶けたロウを新聞紙の上などに捨ててから再点火してください。
    ロウが固まっていても、柔らかいうちならスプーンなどで簡単に削れます。そのときに芯を切ってしまわないように注意しましょう。
  • ロウをこぼしてしまったら?
  • クリーニング店に相談すればたいていはキレイに落としてくれますが、
    クリーニングに出せないものなら、柔らかい布やティッシュで上下に当て布をして、低温に設定したアイロンを押し当ててみてください。
    熱で溶けたロウが当て布に染み込んで取れます。
    ただし素材やキャンドルの色によってはキレイに取れない場合もあります。
  • ホコリがついたときは?
  • キャンドルにホコリがついたまま点火すると、異常燃焼の原因になります。
    ホコリは点火する前に乾拭きし(水拭きすると芯が乾くまで火がつきません)、またゴミや芯の切りくずなどの異物がある時も点灯前に取り除いてください。
  • キャンドルホルダーにロウがついたら?
  • キャンドルホルダーの内側についたロウは溶かしてから拭き取ってください。
    簡単なのは熱いお湯を注いでしまうことです。ロウは約60度で溶けるので、お湯を注ぐとロウが溶けて浮かんできます。
    その後ロウがついても良い容器などにお湯ごとうつし、ロウとお湯が冷えてから捨ててください。
    溶けたロウを直接シンクに流すとつまりの原因になります、ご注意ください。
  • キャンドルを捨てるときは?
  • ロウ部分は可燃ゴミで捨てることができます。容器や金属パーツなどは不燃ゴミなど各自治体の収集方法にしたがってください。
その他、ご使用についてご不明な点はお問い合わせページよりお問い合わせください