Khaki 9

2011年9月26日

khaki 9 好きな友人の引っ越し祝いに

久々に個人的なプレゼントで作りました。

息抜きになってよかったなー

そういえば なぜ彼は9好きなんだろ?聞いたことなかった・・・。

フィンランドからやってきたシワシワ羊は買い付け帰りのsoil店主さんからいただきました。

ぶさいくなとこが憎めないやつ、日に日に愛着わいてます。

鳥かごの底

2011年9月26日

イニシャルD・Nさん

9/23 wedding anniversary

流蝋

2011年9月26日

住む場所が変わってから

以前にも増して毎日キャンドルナイト

毎日見ていても様子がまったく違うから飽きない

このどろどろとした部分がすきです

New 幸せの青い鳥かご

2011年7月27日

前回の鳥かごがとても人気で早くも劣化が目立ってきたため、

今回から新しく制作した型によるNew鳥かごになります。

少し雰囲気変わりましたがおわかりになりますでしょうか?

今回オーダーしていただきましたお客様は出産のお祝いで

生年月日と“こころ”とひらがなでお名前を入れて欲しいというご要望でしたので

底にお入れいたしました。

miniature

2011年7月27日

さかのぼること今年の1月にお問い合わせいただいたお客様。

1ケ月あいだが空いたり

メイルでの打ち合わせを重ねること半年以上。

これだけゆっくりやりとりを重ねていくとお会いしたことのない方でも

とても親近感がわくものです。

ご自分用に気軽に灯したいのでミニサイズをお願いしたいというご要望から

hata/mosaic/awawawaのミニシリーズ出来上がりました。

一辺80mm 高さ80mm

Φ80mm 高さ105mm

Φ80mm 高さ105mm

今回はカラーもお客様のご要望を聞きつつ相談を重ね、

最終的にはrinn to hitsujiカラーに染めさせていただきました。

もともとは蝋燭の灯したときや消したときの独特の匂いが苦手ということもお話してくださいましたが、全て植物性のワックスを使用しておりますので安心して楽しんでいただけると思います。

手をかけたかわいい蝋燭たちが無事到着したことを伺えたときが

いつもとっても幸せです。

2011年7月9日

出産お祝いにとオーダーしていただきましたご要望は

お子様のお名前『遊樹』くんと生まれたお日にちを入れてほしいということで

と、文字を樹に、そこに寄り添う生き物たちを加えてみました。

お子様が大きくなるにつれ、お母様とこのキャンドルを眺めながら

「アリさんいるねー」「ちょうちょさん飛んでいく」などなど会話をしてくれるんじゃないかなぁと思い描き作りました。

日々の話ですが、

以前solさんでおいしーいドライ大豆をいただいてから

また豆熱に火がつき最近豆ご飯や大豆ハンバーグと豆尽くしです。

肉がもともと嫌いなので小さい頃から豆で何かしら体に足りてないものを補おうとしているのか

きな粉ばかり食べていたり納豆は欠かせなかったり豆乳も・・・

ふと、最近欲してるのは夏バテにならない為に体が自然とそうしているのかもと思い始めてきました。

確かに最近料理にお酢もよく使ってる。

体は実に正直ですね。それに応えていかなくちゃ。

mokume candle

2011年6月9日

先日、京都・岡崎のギャラリーベニで開催されておりましたvero twiqo個展にて懐かしい作品に再会いたしました。

mokume candle

vero twiqoのTRONCONEシリーズの商品に同化しつつ、囲まれていました。

いるいる!!

まだ手探りの状態でキャンドルを作り始めた頃に贈った懐かしすぎる作品です。

今とはまた少し違ったかたちの、その頃の情熱を思い出すと胸が熱くなります。

創ることを楽しむ気持ちは変わっていません。

june bride

2011年5月29日

幸せの青い鳥かごの上に咲く青い花

幸せが花嫁のもとに無事届きますように

母が教えてくれた小話

SUNTORYが研究開発して青いバラを生み出したということで

花言葉を「夢かなう」としたそう

不可能はないってことですよね

もうすぐ6月

梅雨になると子供の頃雨が大好きだった気持ちを思い出します。

実家の障子の雪見窓から眺めるのが。

その気持ちを思い出して今の住まいから雨を眺めていると憂鬱な気分が全くなくなります。

物は考え様ってよくいったものだな。

食堂ルインズ 1周年

2011年5月29日

オープンよりrinn to hitsujiキャンドルを灯していただいている食堂ルインズが1周年を迎えられました。

1周年お祝いに“the veins”(写真右)

どうしても自然の産物に魅かれ形にしたくなってしまうのです。

今となればなぜあんなに?と笑ってしまいますが、葉脈ばか必死に観察していた時期がありました。

記憶を呼び覚まし出来上がった葉脈キャンドル

たくさんの植物の呼吸を感じるからかお店はいつも開放的で気持ちがよいです。

ちなみに写真左キャンドルはオープン当初より灯してくれていたキャンドル

芯が底まで到達した今は植物を飾ってインテリアとして活躍させてくれています。

屋久杉

2011年5月24日

屋久島で出会ったお二人のご結婚祝いに贈りたいというご友人からのオーダーでできました。

屋久杉・ホワイト

屋久杉・ブラウン

今回も型から制作し、菜種ワックスを使用しております。

キャンドルの灯りの中で、出会った場所を思い出し話に花も咲くそんな時間が作れたらうれしいですね。

ご結婚やご出産のお祝いにrinn to hitsujiキャンドルをというお客様が多く、せっかくのお祝いですからもっと特別なものにできないかと考え、今回よりギフトBOXをご用意いたしました。

180×180×150

こちら京都の老舗紙器メーカーにより職人さんの手貼りで一点一点制作されています。こちらの世界初の箱店box and needleは東京にございますよ。

どうぞ、たった一つの特別なお祝いをさらに特別なものに。